• Home
  • WINAICOが選ばれる理由
  • 家庭用
  • 家庭用太陽光発電

太陽光発電は、大規模な工場や自宅の屋上での発電量を毎日相殺することが可能な、実績のある再生可能エネルギーです。

一年の大半は晴れた空と明るい日差しの恩恵を受けることができる国にお住まいの場合、住宅用太陽光発電システムによって月々の電気料金の削減や、天候の良い期間中にパッシブインカムを得する方法について興味ある方もいるかもしれません。

今回は、住宅用太陽光発電システムの主な特徴をご紹介しますので、ご自宅に太陽電池モジュールを設置することが正しい投資か判断する前に、より有益な情報を得ることができます。

家庭用太陽光発電システムとは何か?

家庭用太陽光発電システムとは、太陽光を利用して費用対効果の高い発電を行って直接電力を供給することで家庭の電力ニーズを満たす太陽光発電システムです。

現代の製造技術の進歩により、高品質の太陽電池モジュールのアレイは25年以上の発電が期待されています。

家庭用太陽光発電システムの主なコンポーネント

一般的な家庭用太陽光発電設備には、太陽光から直流電力を発電するために住宅の屋根に設置された太陽電池モジュールのアレイが含まれています。

太陽電池アレイを太陽(北半球では南向きの屋根、南半球では北向きの屋根)に向けて設置することで、晴れたは日中ずっと発電することが期待できます。

住宅の屋根に設置されたソーラーパネルのアレイ
住宅の屋根に設置されたソーラーパネルのアレイ。

太陽電池モジュールが発電した直流電力は、その後、グリッドによって供給された電力と同様の交流電力を変換するためにインバーターに供給され、皆様の家電製品によって消費されます。

ソーラーパネルを屋根に固定しておくためには、雨の日も風に日も晴れの日も住宅にぴったりとフィットし、屋根を傷つけることなく必要な数のパネルを支える、頑丈な取り付け構造も必要になります。

太陽光発電は日中に最も多く発電し、ほとんどの人は夕方には多くの電力を消費するため、夜間の消費に備えて日中の余剰電力を蓄えるための太陽電池が必要になることがあります。

高品質の太陽電池システムがあれば、太陽光発電に完全に依存した生活を検討することもでき、もはやグリッドに頼る必要はありません。

オングリッドとオフグリッドのどちらにすべきか?

私たちのほとんどは郊外の住宅地に住んでいて、小さな庭やガレージがあり、一直線に並んだ通りを見渡すことができます。

私たちは毎日毎晩必要な消費電力を享受できる安定したグリッドのメリットを享受しています。

郊外住宅地はオングリッド太陽光発電設備の設置に最適
郊外住宅地はオングリッド太陽光発電設備の設置に最適。

そのため、インバーター出力をグリッドに接続する住宅用オングリッド太陽光発電システムを設置するのが便利です。

高効率のソーラーパネルが日中に消費できる以上の電力を発電している場合、固定価格買い取り制度とネットメータリングを組み合わせた場合もありますが、グリッドに電力を販売して収入を得ることができます。

ソーラーパネルが家庭の必要な電力を十分に発電していない場合、グリッドからの電気を使用して照明を維持することができます。

電気の供給が不安定な、あるいは供給されていない地方で、大規模な農場や納屋を見下ろす牧歌的な風景の中に建てられた住宅もあります。

地方の住宅はオフグリッド設置に最適
地方の住宅はオフグリッド設置に最適。

このような環境では、システムが発電した電気を常時使用し、外部の電力線に頼らないバッテリーシステム付きのオフグリッド太陽光発電システムが必要です。

固定価格買い取り制度とは何か?

固定価格買い取り制度(FIT)は電力会社との契約で、余剰電力をグリッドに売電できる価格を保証します。

FITとは、お住まいの地域の再生可能エネルギーの導入を促進するための地域振興政策ですが、全国各地で太陽光発電システムを設置する人が増えるにつれて、時間の経過とともに減少していくことが予想されています。

そのため、FITの料金がさらに下がる前にできるだけ早く自宅にソーラーパネルを設置して、自宅の太陽光発電で最も多くの収入を得るようになることが金銭的にもメリットがあります。

ネットメータリングとは何か?

ネットメータリングとは、最新のスマート電力メーターを使って、家庭内の電気の出入りの方向を計測するシステムです。

お住まいの家庭がグリッドから電力を消費している場合、メーターは通常、電力使用量を計上します。

オングリッドの太陽光発電システムが消費電力よりも多くの電力を発電している場合、メーターが後方に回転し、グリッドに再販した電力を測定してFITからの収入を計算します。

ネットメータリングでは余剰電力が発生した場合のみ電力を販売します。

ネットメータリングを導入していない場合、FITとの関係で電気料金に応じて、生産した電力の全てを売却するか一部のみ売却するかを決めることができます。

蓄電での自己電力消費は自分にとって価値があるか?

自己電力消費は、夕方や曇りの日に備えた自宅の電力を十分に蓄えておくことができる蓄電システムを持っている場合に発生します。

ほとんどのオフグリッドシステムは自己消費で稼働すると思われがちですが、FIT の価格が低すぎると感じた場合、オングリッドシステムでも自己消費で稼働することができます。

以上でご自宅の太陽光発電導入を検討する上で十分な情報をお伝えできたかと思います。

屋上に高効率の太陽電池モジュールの設置をご検討の方は、当社へお問い合わせください