WINAICOソーラーパネル、TÜVラインラントのPIDテストに合格

WINAICOソーラーパネル出力損失は1%未満

クレグリンゲン、2012年8月7日 – TÜVインラントは台湾企業Win Win Precision Technology Co., Ltd. が製造するWINAICOブランドのWSP太陽光発電パネルシリーズを試験し優秀な結果が得られました。従来のソーラーシステムはシステムフレームワークとソーラーセルの電圧差が内在していました。この差は本来無望ましくない漏れ電流を発生し、これが結果として使用寿命の間にラミネートの内部にあるフォイルのポリマーを腐食します。これがセルの性能を劣化させ、発電量損失の原因となります。この効果は電荷誘発性劣化(PID)と呼ばれます。

プレスリリース一式のダウンロード