サスティナビリティと再生可能資源は、WINAICOの製品にとって重要であるだけでなく、WINAICOの経営の礎となります。環境保護は、労働安全衛生の保護同様、サスティナブルな事業基盤を築き、貴重な人的資源を維持するために大変重要だと確信しています。

WINAICOは、台湾の太陽電池パネルメーカーとして高い評価を得て、国際的に認められたブランドへ成長しました。WINAICOは合計25か国に830MW以上の太陽電池パネルを設置し、この数値は毎年増加しています。実際、2017年から2018年にかけて、太陽電池モジュールの生産能力は21%増加しました。WINAICOの世界規模での太陽光発電設備容量は、年間605,900トンのCO2排出削減分を補いました。

エネルギー消費

WINAICOは、エネルギー消費が私たちの事業の環境への影響を決定する重要な要素であり、酷使は気候変動のリスクを増大させる一因となることを認識しています。運転プロセスの改善と最適化を行い、エネルギー消費量を相対的に削減するためにワークステーション1単位当たりおよび時間当たりの生産性を向上して、エネルギーおよび水の使用量と廃棄物の発生量の削減に成功しました。WINAICOはデータを分析して、改善が必要な分野の特定を行っています。

製造能力を最適化してよりクリーンで効率的な生産を実現するため、年間のエネルギーと水の使用量を追跡し、サスティナビリティを改善する方法を模索しています。

廃棄物管理

当社の主要事業所および生産拠点では、広範囲におよぶ廃棄物リサイクルプロセスを確立しています。WINAICOは、産業廃棄物管理において継続的な改善とモニタリングを実施しています。WINAICOの廃棄物リサイクルプロセスは、3R(Reduce、Reuse、Recycle)の考え方に基づいて実践しています。

WINAICOは各地の行政院環境保護署(EPA)へ、種類別月間廃棄物量をオンラインで報告しています。当社から発生した廃棄物の管理は、廃棄物処理に関する政府規制の対象となる適格な廃棄物管理会社に全て委託しています。