• Home
  • 資料
  • Tier 1太陽電池パネルメーカー

巨大な太陽電池モジュールのメーカーは世界中に様々な形状やサイズの太陽電池パネルを販売していますが、太陽電池の素晴らしさを示す一貫した信頼性の高いシステムを構築することは困難です。

そこでブルームバーグNEF (BNEF) はPVモジュール階層化システムを制定し、財政面と信頼性の観点からTier 1の太陽電池パネルメーカーを定義しました。

Tier 1太陽電池パネルメーカーとは何か?

Tier 1太陽電池パネルメーカーはブルームバーグNEFが定義した財政面に基づく階層化基準であり、導入に適う最も信頼できる太陽電池パネルメーカーを見つけることができます。

Tier 1モジュールメーカーは自社工場で製造した自社ブランドの製品を1.5MW以上のプロジェクトで6件導入されることが必要となります。そして、これらのプロジェクトは6軒の別々の銀行から2年以内に融資を受けていることも必要です。

太陽電池に投資するスマートインベスターは、ブルームバーグNEFの階層化システムが、大規模な事業を専門とする太陽電池モジュールメーカーを評価していることを認識する可能性があります。

2.2 MW規模の地上に太陽電池パネルを設置したドイツの例
2.2 MW規模の地上に太陽電池パネルを設置したドイツの例。

ご存知かもしれませんが、大規模な設備導入は通常、豊富な敷地に構築された地上設置型のMW規模のシステムであり、財務上の強みと低コスト製品が評価される財務的にセンシティブな市場セグメントです。

したがって、Tier 1のメーカーは、ジンコソーラー、LONGi、ファーストソーラーなど、財政基盤が強固で低電力密度の太陽電池パネルを得意とする大企業に占められます。

大規模な導入とは異なり、屋上の商業用および住宅用の太陽電池プロジェクトは、設置できる屋根の敷地が限られ、専門のメンテナンスチームがありません。

イギリス・ヨークシャーのビバリー競馬場で50 kW 規模の屋根に太陽電池パネルを設置した例
イギリス・ヨークシャーのビバリー競馬場で50 kW 規模の屋根に太陽電池パネルを設置した例。

そのため、高品質の屋上用太陽電池パネルは、サンパワー、LGソーラー、WINAICOに見られるような高効率と長期的な信頼性を必要とし、Tier 1太陽電池モジュールによって定義された異なる基準を必要とします。

より高品質の太陽電池パネルを目指してTier 1をも超える

屋上の太陽光発電システムへの投資を検討する際、限られた屋根のスペースで最大限の発電を行いたいと思うはずです。

メンテナンスで頻繁に屋根に上がらなくてもいいように、できるだけ信頼性の高い太陽電池パネルを選びたいのではないでしょうか。

そこでここでは、屋上設置のケースで最高品質の太陽電池パネルを選択する際のヒントをいくつかご紹介します。

最大量の太陽光を吸収する反射防止コーティングが施されている強化ソーラーガラス

太陽電池パネルの前面にあるガラスは、太陽電池を天候から守りながら太陽光を取り込むことができます。

そのため、太陽電池パネルの寿命と信頼性を高めるために、ソーラーガラスは大きな35mmの雹からの巨大な衝撃に耐えられるように強化されています。

WINAICOの太陽電池パネルは、反射防止コーティング(ARC)付きのソーラーガラスを採用することで光の反射を減らしますので、ほぼすべての光エネルギーが太陽電池へ届きます。

反射防止コーティングが施されたソーラーガラスは反射を減らして、太陽電池でより多くの光を吸収できます
反射防止コーティングが施されたソーラーガラスは反射を減らして、太陽電池でより多くの光を吸収できます。

最大限の発電する高効率太陽電池セル

太陽電池セルは太陽光から発電するための重要なコンポーネントです。

WINAICOは、太陽電池モジュールの最大出力を実現するために最先端の高効率太陽電池セルに多額の投資を行っています。

WINAICO太陽電池パネルは、低照度へのより優れた応答性により、朝早くから発電を開始し、夜明けには電源を切ることができるため、毎日屋根の上で最大量の発電を行うことができます。

WINAICOは、微弱な光でも高効率を維持できる高効率太陽電池セルを使用しています
WINAICOは、微弱な光でも高効率を維持できる高効率太陽電池セルを使用しています。

また、PIDやLIDの問題などセルの欠陥解析についても幅広く研究を行い、運用現場でのセルの劣化速度の低下を図っています。

外側にある独自のLキーがパネルフレームを強化

丈夫なフレームが、熱や機械的ストレスから太陽電池モジュールを保護します。

WINAICO独自のWSPフレームは外側のLキーを使用し、回転と圧力に対する最高の強度を保証します。

業界をリードするフレーム設計により、風圧や熱膨張から太陽電池モジュールを保護します。

専用の水切り溝を設置することで、角度のある屋根に設置した太陽電池パネルが雨天時に簡単に水切りをできるようになります。

WINAICOは水切り機能を備えた独自のLキーフレーム構造を採用しています
WINAICOは水切り機能を備えた独自のLキーフレーム構造を採用しています。

雨水による自浄作用を促進して、セルの上にホコリが沈着することによる発電量の減少を防止できます。

反射リボンはモジュールの効率をさらに向上

セルは導電性のリボンでつなぎ合わせることで、太陽電池パネルの電圧を発生しています。

リボンは電流を流すのに効果的ですが、薄い導体が底部のセルに光が届くのを邪魔しています。

WINAICOパネルは、表面テクスチャリングを施した光反射性リボンを使用してセルに向けて光を反射させ、セルの光吸収面積を2.5%以上増加しています。

光を反射するリボンは、太陽電池に向けて光を反射させて光吸収面積を増やします
光を反射するリボンは、太陽電池に向けて光を反射させて光吸収面積を増やします。

このようにしてより多くの光がセルを照らすことで、モジュールの発電効率が更に高まります。

長時間密着する高品質EVAフィルム

EVAフィルムは、ガラス、セル、バックシート間の重要な接着層です。

EVAの丈夫さと品質によって積層体が安定し絶縁されていることで、太陽電池パネル全体の長寿命を保証します。

表面がはがれ、時間経過とともに黄色く変色して発電量が減少する低品質のEVAフィルムにご注意ください。

バックシートは優れた断熱性と美観を両立

太陽電池モジュールのバックシートは、セルの裏面を湿気や熱から保護します。

高品質バックシートは水蒸気によるセルの損傷を防ぎながら、太陽電池モジュールを冷却することができます。

特別設計のフルブラックの太陽電池モジュールは、どんな色のルーフタイルにもフィットする黒のバックシートを使用しています。

WINAICOフルブラックパネルの住宅での導入例
WINAICOフルブラックパネルの住宅での導入例。

ジャンクションボックスが安全な電気接続を実現

太陽電池パネルから外部回路への安全で絶縁されたケーブル接続を行うためにジャンクションボックスが必要です。

WINAICO太陽電池パネルは保護等級IP67を満たしたジャンクションボックスを使用してほこりや水の回路への浸入を防止し、雨天時でも安全に接続することができます。

保護等級IP 67のジャンクションボックスは、ほこりや水が回路に浸入することを防止します
保護等級IP 67のジャンクションボックスは、ほこりや水が回路に浸入することを防止します。

WINAICOは大規模利用、公共利用向けの開発に力を注ぐのではなく、適切なコンポーネントを組み合わせて、お客様のご家庭オフィスの屋上に太陽光発電設備を設置する場合に最適な太陽電池モジュールの製造を行っています。

屋上で安心して太陽光から最大量発電できることをお約束します。

Tier1メーカーの太陽発電パネルについて理解することで、屋上のPVシステム向け高品質の太陽電池パネルの選択が可能になります。