• Home
  • 資料
  • ネットメータリング

太陽光発電システムの設置は、再生可能エネルギーのエネルギーミックスへの追加に貢献する素晴らしい方法であるだけでなく、電気料金と相殺することでパッシブインカムを得ることができます。

毎月の電気料金を減らすための重要な要素、それがネットメータリングです。

ネットメータリングとは何か?

ネットメータリングとは、電力会社が家庭とグリッド間で電気の流れる方向を測定する仕組みです。

お住まいの家がグリッドから供給される電気を使用している場合、メーターはあなたのエネルギー消費量を正常に計算します。

お住まいの家が消費電力よりも多くの電力を生産している場合、ネットメータリングシステムは、あなたへの電気料金の請求と引き換えに、余分なエネルギーをグリッドに送り返すことができます。

そのため、毎月使用した正味の電力量のみが請求され、これは太陽光発電システムが発電した電力量と家庭で消費した電力量の差となります。

ネットメータリングが太陽光発電の導入にどのように役立つか

屋根の上のソーラーパネルは日照時にしか発電しないため、設置後の発電量は天候に左右され、安定がしません。

お住まいの家庭での消費電力が太陽光発電の発電量と完全に一致しない場合があるという事実に加えて、あなたの家庭とグリッドの間で電力について一定のギブアンドテイクがあります。

ご自宅で夕方に電力を消費している場合、メーターはグリッドから供給される電力消費量を測定します。

お住まいの家庭が日中に多くの電力を生産している場合、ネットメータリングシステムは、電力量の請求と引き換えにグリッドへ提供する電力を測定します。

つまり、太陽光発電システムが発電する電力は電力会社によって補償され、毎月の電気料金の節約に反映されるのです。

毎月の消費電力を相殺することで、将来の電気料金の変動から影響を受けることがありません

電気料金が高ければ高くなるほど、あなたが発電した太陽光発電の価値が上がります。

太陽光発電を利用して電気料金を節約したい方は、屋上に高効率の太陽電池モジュールの設置を検討の上、当社へご連絡ください