• Home
  • 資料
  • 太陽光発電のメリットとデメリット

世紀の変わり目以来、太陽光発電は人気があるにもかかわらず、何が太陽光発電であり、何が違うのかに関する間違った情報がインターネット上に飛び交っています。

私たちは、皆様が太陽エネルギーと再生可能エネルギーの利用についてより良い決定を行うことができるように、太陽光発電に関する「伝説」と太陽光発電のメリットとデメリットを分かりやすく説明していきたいと思います。

メリット1 : 太陽光発電は電気代を削減できる

太陽エネルギー導入の主な目的は、太陽光から電気を生成することです。

家庭用ソーラーシステムに投資することで、家電製品がすぐに消費できる電力を生成できます。

ソーラーパネルが発電している限り、家庭への電気供給をグリッドしなくなっていきます。

これによってグリッドからの電力消費量の削減に直接貢献し、毎月の電気代を減らします。

メリット2 : 電気代の高騰の影響を受けない

過去20年間で毎月の電気料金は着実に上昇しています
過去20年間で毎月の電気料金は着実に上昇しています。

 

電気料金は過去数10年で着実に上昇しており、住宅所有者のほとんどは今後料金が上昇しかしないことに納得するでしょう。

ほとんどの人は年月の経過とともに高額の電気料金の痛みを味わうことになりますが、皆様のような太陽光発電利用者は、太陽電池モジュールが発電した電気を消費し続けることができます。

実際、電気料金が高くなるほど、電気料金を相殺するために太陽エネルギーの生産価値が高くなります。

自分で発電した電力を消費することで、将来の電気料金の上昇の影響を受けなくなります。

メリット3: 太陽電池モジュールは長持ち

ソーラーパネルの技術は、50年以上の歴史の中で進化を遂げ、現場でのあらゆる利用経験がフィードバックされて大量生産プロセスに最適化しています。

ソーラー業界はこのフィードバックループによってより高品質のコンポーネントを開発し、厳しいテストを通じてより信頼性の高いソーラーパネルを製造することができました。

現代の太陽電池モジュールは、25年以上確実に太陽エネルギーを生成することが期待されています。

そのため、あなたの投資によってあなたの家庭が長い間メリットを享受できることを知れば安心することができます。

ヨーロッパとオーストラリアで導入されている各種WINAICOモジュールは、世界最大の保険プロバイダーによって「3 in 1 」保険へ自動的に加入しています。

「3 in 1」保険は、被保険資産の毀損や破壊、サービスの中断、利回りの低下などによる不測の損失から、所有者を完全に補償しますので、安心してご利用になれます。

メリット4 :太陽電池モジュールのメンテナンスを頻繁に行わなくてよい

屋上に設置した太陽電池モジュールは可動部がないため、自動車のように損傷や摩耗をしません。

太陽電池モジュールが常に最適なレベルで発電する最も効果的な方法は、定期的な清掃を行うことです。

WINAICOパネル独自のコーナーキーは、排水によって水たまりができて、水垢が残ることを防止します。

年に数回の散水の他に、時折降る雨によって、ほこりや葉が原因でモジュールに影ができないようにすることができます。

メリット5:太陽光発電は思っている以上に安い

LCOEの着実な削減
LCOEの着実な削減(出典:NREL )。

 

太陽電池モジュールのランニングコスト削減のために以下の2点が役立ちます。

  • 最新の最適な製造慣行
  • 均等化発電原価(LCOE)

世界中の太陽電池モジュールメーカーが最新の生産ラインに投資して製造スループットを微調整しているため、太陽電池モジュールの製造コストは年々下がり続けています。

LCOEは、システムの生涯発電量($ / kWhで測定)に対して太陽電池設備の設置コストを分散しています。

ソーラーパネルはエネルギー効率が向上し、長持ちするため、耐用年数の間はより多くの電気を発電できます。

メリット6 :太陽光は安定した測定可能な利益をもたらす

大量生産型ソーラーパネルの進歩と数10年にわたる導入実績により、太陽光発電システムが長期間にわたって安定して発電できることが実証されています。

WINAICOは、品質と精度に重点を置いた製造哲学を通じて、業界をリードする25年間の線形電力保証をお約束します。

電力保証によって皆様をはじめとした投資家の方々が投資に対して安定して期待できるリターンを測定することが可能になります。

メリット7:コミュニティに恩返しするための最善の方法

ほとんどの住宅用ソーラー設備はグリッドに接続されているため、太陽電池モジュールの発電量が電化製品の消費可能量を超えている場合、余剰電力をグリッドに売ることができます。

電力をグリッドに戻すことは、パッシブインカム源になるだけでなく、グリッドの発電ポートフォリオに占める再生可能エネルギーの割合を増やすことにもつながります。

皆様は普段の発電でお住まいの街の電力発電をよりクリーンで、より環境に優しく変えています。

これで太陽光発電のメリットについて概説しました。投資を決定する前に、太陽光発電のデメリットについて知りたい方もいるかもしれません。

デメリット1:太陽光発電には高額の先行投資が必要

消費量に基づいて電気料金を支払う方式と異なり、太陽光発電には高額の先行投資が必要です。

設置が製品寿命の間に確実に動作するためには、太陽電池モジュール、インバーター、取り付けシステムなどの高品質のコンポーネントを購入する必要があります。

初回購入後は定期的な手入れとメンテナンスで、太陽からのクリーンな電力の安定供給を受けることができます。

デメリット2:電源が断続的

ソーラーパネルの瞬間的な出力は、太陽光の強さに直接依存します。

ご存知のように、太陽光は天候や雲の広がり、時間によって一日中変動していますが、皆様が設置したシステムから生み出される電力量も刻々と変動しています。

家電製品の消費電力が最も多くなりがちな夕方の時間帯には、太陽光によってほとんど発電されず電気をつけっぱなしにするため、グリッドだけが頼りになるかもしれません。

デメリット3 :太陽光発電設備の設置には多くのスペースが必要

一般的な太陽電池モジュールは長さ1.7m×幅1mで、家庭での電力消費量に見合った十分な発電量を得るためには20枚以上のモジュールの購入が必要となります。

ソーラーパネルの設置には広い面積の屋根が必要
ソーラーパネルの設置には広い面積の屋根が必要。

そのため、必要なパネルをすべて設置するには、一般的に大きな屋根が必要になります。

デメリット4 :すべての屋根がソーラーパネル設置に適しているわけではない

毎日の発電量を増やすには、太陽に向いた屋根にソーラーパネルを設置する必要があります。

つまり、北半球では南向きの屋根、南半球では北向きの屋根の住宅のソーラーパネルの設置に適しているということになります。

樹木や煙突などの遮光障害物を考慮すると、ソーラーをパネル設置に理想的な屋根スペースは50%以下になります。

しかし、特に電気料金の高い地域に住んでいる場合、屋上のあらゆる部分にモジュールを設置するスペースがあり、多額の電気料金を相殺できる可能性があります。

デメリット5:引っ越しでパネルを持っていけない

装飾品、住宅改修、プールが引っ越すときに取り外すことができないように、ソーラーパネルは引っ越す際に移動することができません。

そのため、同じ住宅に長年住み続ける予定である場合のみ、太陽電池モジュールを設置することを強くお勧めします。

このようにして、設置による電力節約の恩恵を最大限受けることができます。

以上の説明で太陽光発電のメリットとデメリットを理解し、再生可能エネルギーへの投資について、より多くの情報に基づいた判断ができるようになったのではないでしょうか。

屋上に高効率の太陽電池モジュールの設置をご検討の方は、当社へお問い合わせください。