WINAICO
Kontakt

太陽エネルギー由来のクリーンな電気

太陽エネルギーから太陽電力を獲得することは環境的に安全な方法です。貴重な資源が使用されず、大気汚染のもととなる排出が無いからです。太陽は常に利用可能であり太陽光は無料であります。さまざまな建物のどのオーナーでも太陽電力を発電するために太陽エネルギーを利用することができます。太陽電力は地元電力会社の電力網にフィードして、その対価として政府により策定された再生エネルギー法(REL)のおかげで「フィードイン価格」を今後20年間提供することができます。しかし自家発電の太陽電力は運用者によって全て又は部分的に使用可能でもあります。この場合でも外部電力を使用する必要がなく、節約が可能です。自家発電による電力で利益を得ることが出来ます。

 

WINAICO Module als schematische Darstellung des Einsatzes

ソーラー発電の仕組み

太陽光を電気に変換するためには屋根に太陽光発電設備の設置が必要です。太陽光発電設備はパネル及びインバーター(パワーコンディショナー)から構成されます。

パネルはシリコン半導体製ソーラーセルが何枚か直列接続されて構成されています。ソーラーセルに使用されているポリシリコンは表面と裏面が異なる極性でドープされており、このため正負の電荷担体の余剰が発生します。2つの異なる極性を持つ層(レイヤー)の遷移部分に電場が発生します。

太陽光がセルに照射されると直ちにシリコンは導電して電圧が金属接点を通してセルから出て行きます。こうして直流電流(DC)が発生します。
このDC電流をAC230Vに変換するためにパワーコンディショナーが必要です。この変換が無しでは、電力を一般電力網にフィードインすることができないからです。
電力計はkWh単位で一般電力網に供給される電力を計測しており、電力会社がこの給電に対して支払いを行います。太陽電力を自家消費する場合は電力消費を測定するために発電された太陽エネルギー計測用PVメーター、給電メーター、及び、フィードイン電力メーター又は2ウェイメーターの3個の電力計を設置する必要があります。こうして電力会社は電力網に供給された電力量と自家消費量を計測でき、対応する計算が可能になります。