• Home
  • 製品
  • PERC技術

PERCとは?

PERC(セル背面のパッシベーション処理)技術を使用することは、セルの背面に追加の誘電体パッシベーション層を追加することを意味します。光エネルギーが一般的な太陽電池セルに当たっても、すべてのエネルギーが吸収されるわけではありません。光のごく一部は、使用可能なエネルギーに変換されずにセルを通過します。さらに、PERC太陽電池の背面パッシベーション層は、2回目の吸収のために過剰な光を太陽電池セルに反射して戻すパワーリフレクタとして機能し、その結果、より高い太陽電池セル効率を実現します。

太陽電池セルが、電子が車のようにその上を走り回る高速道路だと想像してください。高速道路を流れる交通量(電流)が多いほど、より多くのエネルギーが生成されます。 従来の太陽電池セルでは、電子の恒久的な再結合が高速道路上の交通渋滞のように流れを止めています。追加のPERCパッシベーション層は、電子の交通量を減らし、それによってスムーズな電気の流れを可能にする新しい道を作り出します。

さらに、PERC技術が一般的なセルよりも多くの光を吸収し、より高い内部反射を起こします。電子は波長に応じていくつかのレベルで生成されます。短い波長(青い光)は、セル上部においでより多くの電子を生成しますが、長い波長(赤色光)は、セル下部でより多くの電子を生成するか、または電流を生成することなくウェハを透過してしまいます。

誘電体PERC層は、一般的なセルが使用しない光を反射し、その結果セルの効率を高めます。

PERCが持つメリットとは?

PERCモジュールは、一般的な太陽電池セルを使用したモジュールでは反射できない光を反射し、同時にPERCモジュールがより多くの光を吸収するため、効率が高くなります。高性能は、システムコストの低下、エネルギー収量の増加、ひいては太陽光発電システムの収益性の向上につながります。これらのモジュールは屋根のスペースが限られている皆様にとって特に興味深いものです。